会計に革新を与えるpos

男女

販売データを集めるレジ

posレジは会計を行なうごとにリアルタイムで売上データとして計上されます。販売データをもとに仕入れ業務や業務課題を見つけることが簡単になりました。

会計業務の短縮

商品すべてのデータを管理できるため、会計業務の時間短縮に繋がるようになりました。会計を行なう事やミスの訂正などをバーコードを読み取るだけで行なえるようになりました。

レジスタッフのコスト削減

さらにposシステムの技術向上がされて、結果レジ待ちの時間短縮やレジスタッフのコスト削減に繋がるようになりました。

システムの技術革新は進む

現在ではタブレット端末でposレジシステムを使用できるようになりました。セルフレジ化が進む中でさらにレジや企業のデータ化が進化が進む事でしょう。

posレジってなに?

普通のレジと何が違うの?

今までのレジはキャッシュレジスターと呼ばれ、商品の金額を計算することや記録することに使われていました。一方、posレジは販売の情報を登録して管理することができるシステムを搭載したレジです。

どういうことができるの?

posシステムの一番の特徴は、商品が売れた時間や個数などのデータが正確に分かる事です。さらに、顧客の性別や年代、来店人数を記録するシステムから販売データを作成することができるシステムが搭載されています。

レジとして導入するメリットは?

レジとして導入する一番のメリットは会計業務の時間短縮です。従来のレジでは会計やもしミスがあった場合の訂正などに時間がかかっていましたが、データベースに商品が管理されており、すべてバーコードで連動させることで打ち込みや訂正の時間短縮に繋がるのがメリットです。

大きさとか幅取らない?

会計するスペースをレジに合わせて作るのは大変です。大きさが気になるものですが、posレジはタブレット端末で運用できるほど小さくなりました。タブレット端末にアプリをインストールすることでposシステムになります。後は周辺機器を揃えるだけで会計スペースを作ることができ、posシステムは省スペースかも進んでいます。

広告募集中